桜餅

  • 2019.03.09 Saturday
  • 21:28

JUGEMテーマ:日本の文化

JUGEMテーマ:和菓子が好き

 

 

ひな祭りもおわり、今年の桜の開花のニュースなどを

 

耳にするようになりました。

 

 

桜を見るのを楽しみにしつつ、やはり花より団子?!で、

 

一足早く桜餅で、桜の香りを味わわせていただきました。

 

 

桜餅には、小麦粉でつくった皮を焼いた関東風と

 

道明寺粉を用いた関西風があるそうですが、

 

わたしは、道明寺粉を用いた関西風をいただくことが多いです。

 

 

桜の生の葉には香りはなく、塩漬けにすることで

 

初めてあの芳香が出てくるのだそうです。

 

 

江戸時代に桜の落ち葉からお菓子に使うことを思い立ち、

 

最初は醤油漬けの葉が使われていたとも・・・。

 

 

お祝い事の時にいただく、桜のお花の塩漬けを使った桜湯も

 

おいしくて大好きです。

 

 

ちょっと調べてみたら、婚礼などの一生の中でのとても大事な慶事の場に

 

「お茶を濁す」とか「茶々をいれる」などのようなことがふさわしくないので、

 

桜湯が出されるのだとか。

 

 

桜はお花見のときだけでなく、本当に私たち日本人の生活に

 

さりげなく、でも深く根付いていますね。

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

あんこ

  • 2019.02.10 Sunday
  • 19:30

JUGEMテーマ:伝統文化

JUGEMテーマ:和菓子が好き

 

 

子供のころは圧倒的に洋菓子派でしたが、

 

年を重ねるにつれ、和菓子の良さに気づくようになってきました。

 

 

”あんこ”のおいしさ、奥深さもわかるようになってきたのもつい最近です。

 

 

 

”あんこ”はもともとは甘くなく、推古天皇の時代に遣隋使が初めて肉と野菜入りの

 

饅頭としてつたわり、それを食べたいと思った肉食禁止の僧侶が小豆でつくったのが始まりとか。

 

 

小豆の炭化した種が、縄文〜弥生時代の遺跡から発見されているそうで、

 

日本人の生活に小豆はずっとずっと根付いていたのですね!

 

 

室町時代には、小豆を砂糖で煮た”ぜんざい”が生まれ、江戸時代になって

 

一般庶民の口にも入るようになったそうです。

 

 

小豆と砂糖のみというシンプルな材料をつかって、

 

古代から今にいたるまで、たくさんのお菓子はずっとずっと生まれて続けています。

 

 

写真は友人にいただいた岡山の大正12年創業、鈴木屋さんの”どらせん”

 

どらやきとおせんべのハーフ。

 

”あんこ”にも、膨大な日本の歴史あり! そして無限の進化ありですね。^^

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

東大キャンパスで本格和菓子を味わう(2)

  • 2017.02.22 Wednesday
  • 23:37

JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

JUGEMテーマ:和菓子が好き

JUGEMテーマ:伝統文化

 

東大の春日門の隣にある情報学環教育研究棟「ダイワユビキタス学術研究館」。

 

その1階に設置されたのが和菓子屋さん「廚菓子くろぎ」は、

 

湯島にある和食屋さん「くろぎ」が手がける和カフェです。

 

 

無形文化遺産に登録され脚光を浴びる和食の影にかくれ、だんだん若者にも

 

食べられなくなってきてしまっている和菓子。

 

そんな中、日本が誇れる和菓子文化をもっと発展させたいと願っていた

 

くろぎのオーナーシェフの思いによって、この和カフェが実現したのだそうです。

 

 

今回は、テラス席でぜんざいをいただきました。

 

見てください! この素晴らしい季節感あふれる和のプレゼンテーション。

 

おもちを焼くその風情がすでに絵になり、思わずためいきがでました。

 

「厨 くろぎ」さんでは、和菓子に抹茶ではなく、珈琲が添えられます。

 

それも、あの猿田彦珈琲なのです!

ここでもさりげなく緑が飾られています。繊細な日本人ならではの美意識です。

 

目で、舌で、匂いで、でざわりで・・・五感を最大限使って、

 

今いる空間、空気、そしてこれまで培われてきた和菓子の伝統という歴史・・・

 

そのすべてを味わう和菓子です。

 

 

ぜんざいをいただいたあと、席でしばらくメールを見ていたら、

 

お番茶と素敵な器にはいった金平糖を出してくださいました。

 

さりげないようで、隅々までゆきとどいた、繊細なおもてなし・・・

 

 

大学という次の新しい日本を作っていく若者を育てる場所で、

 

和菓子を通じて、本物の日本の文化を伝えたい!というオーナーの方の

 

強い強い思いがひしひしと伝わってきたのでした。

 

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

東大キャンパスで本格和菓子を味わう(1)

  • 2017.02.20 Monday
  • 20:49

JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

JUGEMテーマ:和菓子が好き

JUGEMテーマ:伝統文化

 

先日本郷に立ち寄る機会があり、ずっといってみたかった和菓子のお店を

 

ようやく尋ねることができました!

 

それが、こちら『廚 菓子 くろぎ』さん http://www.wagashi-kurogi.co.jp/ です。

 

 

くろぎさんは、東大のキャンパス内、春日門をはいったところにあります。

 

春日門は赤門などとちがって、ちょっと奥まったところにあるので、

 

人通りはすくなく、大変静かで落ち着ける空間です。

 

 

とても個性的な和とモダンが絶妙に調和したこちらの建物は、

 

東大の教授で建築家の隈研吾さん設計のもの。

 

この建物を見に、海外から観光客の方が訪れることも多いそうです。

 

 

今回はテラス席で、ゆっくりお菓子を頂くことにしました。

 

こちらが、テラス席からみた店内。

 

こうやってみるととても現代的な空間なのですが、

 

まるでお茶室にいるように、シンと心が静まっていくのを感じました。

 

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

とらやさんの白味噌雑煮

  • 2017.01.28 Saturday
  • 20:27

JUGEMテーマ:伝統文化

 

1月ももうあとわずか!!! 

 

本当に時間の流れは速いな〜と思います。

 

先日、お正月の最後の名残を楽しむべく?

 

とらやさんの期間限定の”白味噌雑煮”をいただきにいってきました!

 

濃厚な白味噌に、海老芋、京人参などのお野菜、そして丸餅にたっぷりの鰹節・・・・

 

 

東京風のお澄ましのさっぱりとしたお雑煮しか頂いたことがなかったので、

 

そのギューーと密度の高い、まったりとうま味に

 

また、京都の文化の深さをしみじみとと感じたのでした。

 

 

そして、デザートには、お抹茶と黒蜜あんみつを。

 

 

ごの五色の美しさ!!!

 

そして、器とのハーモニーにもうっとり。

 

またまた、幸せのひとときでした!

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM